ときどき

きまぐれに更新しています

迷惑コメントが多い為 残念ながら
現在コメントは受け付けておりません

イタダキモノ&食ネタ

間食の制限実施中の為、食ネタは久々です。
 
全く間食をしていない訳ではなく、大好きなスナック菓子の類いをやめているのです。
洋菓子・和菓子もやめています。
 
が、昼食としてドーナツを食べたり。。みたいな事はあります。
(^^ゞ
 
それと、ガムや飴やグミは食べています。
かれこれ1月から続けています。
 
当初はキッツキツだったジーンズがキッツキツでなくなり、喜んでいましたが、菓子をやめた分、食事を大量に食べるようになってしまいました!
(^0^;)
 
やたら、お腹がすいてしまうんですよね。
ってアカンやん!!
 
しかも母が入院して以来、実家に行く回数が増え、身体のしんどさやイライラから、ついに我慢できず食べちゃいました!!
ポップコーンを。。。
 
はぁ~何やってんだか。
(ーー;)
 
手強過ぎな自分&弱過ぎな自分。
 
 
 
とりあえず、食ネタいきますね!
 
 
 
 
 
 
先週のlessonの時にセンセから頂きました♪
こういう類いのモノを食べるのは久々でした♪
というか目の前にするのも久々だったので、しばらく眺めてからいただきましたよ♪♪
 
美味しゅうございましたよ★
Thank you sooo much!!
 
 
そういえば。。。
ニューヨークで、カップケーキが流行っているようですね。
パンケーキカフェが増えたように、カップケーキショップもまたできるのでしょうね。。。
 
 
 
 
 
 
 
桃とカシスのハーブティ。
いい香りですよ、普通に美味しいですよ。
 
カルフールというのはメーカー名なのか、品名なのか、あのフランスのスーパーのカルフールの事なのか??
 
原産国はドイツになっているし、なんなんだろ。ちょい気になるかも。。。
 
にしても「香料」って入れないとダメなのか??といつも思います。
入れなければ香りが全くないって事はなかろうと思うのですが。。。
 
 
にしてもにしても、外国のパッケージって美味しそうですよね♪
カラフルでフレッシュ感が出ています。色使いが上手なのでしょうかねぇ。。。
 
さて、話が戻りますが。。。
 
去年の4月からワタミの宅食を晩に食べていました。
 
良かったのですが、結局はダイエットにはつながりませんでした。
(^0^;)
自分のせいなんですけどね。。
 
 
来週からしばらく停止しようと思っています。
 
ダイエット。。。
改めてしっかり考えないとな~
と思っています。
 

*ハーブなどの覚え書き*

 
 
~前記事の追記~
前記事はコチラです。
 
 
とりあえず、植えたハーブなどの事を調べて簡単にまとめてみました。
植える前にするべき事なのですが。
(^^ゞ
 
 
「にんにく」
栽培期間10ヶ月程度。
植え付け9~10月。
収穫5~6月。
乾燥気味に育てる。
プランターや鉢植え栽培の場合、30センチ以上の深さのものを選ぶ。
全く知識のないまま2月に植えたけど どうなるのかな
(^^ゞ
 
「ローズマリー」
多年草で一年中収穫できるが、よく育つので1~2年に一度、春に一回り大きな鉢に植え替えが必要。
確かに、すっごい元気♪ 年中収穫って嬉しいなぁ♪ ローズマリーの香り、好きです。
来年の春に植え替えだな。。。
(*´∀`*)
 
「ミント」
多年草で真冬と真夏以外は一年中収穫ができる。繁殖力がとても強いので地植えには注意。
地域にもよるのかな? 少なくはなるけど真冬でも葉は出ていました♪ 確か真夏も出ていた気が。。。
とにかく、すっごい生命力です!!
 
「レモングラス」
多年草の宿根草。高温多湿を好む。寒さに弱い。株分けは春か秋に。
冬の走りの枯れかけた時にプランターから地植えにし、しかも株分けしてしまった!
(>_<)(>_<)(>_<)
春に復活してくれればいいのですが。。。
 
「ラベンダー」
多年草の宿根草。品種により多少違いがある。4~6月に挿し木で増やせる。
自分が植えた品種がわからない~~~
(>_<)
枯れてしまったけど、寒さに弱い品種だったのか、ミントの勢力に犯されたのか。。。
 
「ユーカリ」
多年草。植え付け4~8月。乾燥に弱い。
レモンユーカリなど寒さに弱い品種もある。2~3年に一度、一回り大きな鉢に植え替える。
真冬も何ともなかったので寒さに強い品種だったようです♪
ス~っとする香りが良いですよ!
 
「パセリ」
二年草。ミニキャロットのような根?は多分食べられる。多分。
かなり検索したけれどハッキリした情報は得られず微妙。まさか毒気があるはずはなかろうと思いつつ食べるのはコワい!
(^^ゞ
 

「一年草」
価格も手頃で開花期間が長いが1年で終わる。
「二年草」
2年で終わる。
「多年草」
毎年咲く(実る)が、3~4年に一度株分けが必要。
「宿根草」
多年草だが、冬季、根は生き地上部が枯れてしまう。
 
ビオラは一年草。どおりでずっと咲いている訳だ♪
 
 

♪面倒くさがり屋さんの放置OKなオススメ多年草♪
 
レモンバーム・しそ・明日葉・三つ葉
レモンバーム良さげ~♪
 
 

 
その他、気になった。。。
 
「レモンマートル」
多年草。植え付け4~9月。開花4~5月。寒さに弱い。土が乾いたら水やり。
「レモンバーベナ」
多年草。植え付け4~6月。開花6~9月。寒さに暑さに弱い。乾燥を好む。
寒さに弱いとか面倒くさそうですが、レモン○○って何となく惹かれます♪
 
「レモンマリーゴールド」
宿根草。植え付け4~5月。開花6~11月。ナメクジやセンチュウという害虫の虫除けになる。暑さ寒さにも比較的強く、乾燥に強い。
マリーゴールドにレモンとつく品種があったのね!? 開花期間が長いし良さそう♪
 
他にも気になったのは。。。
 
サントリナ(グリーン)・マーガレット・ベロニカオックスフォード
などです。。。
 
以上、覚え書きでした(^^ )
 
 

16日から母が入院しています。
しばらくバタバタ×2になりそうです。
ですので更新がスローになるかもですし、ストレス解消の為に?逆にテンポアップするかもです(笑)
 

実家の庭にて♪

 
 
 
実家の庭の梅。
 
桜もあればキレイのにな~と思うけど、毛虫がつくから大変らしいのです。
 
 
 
 
手前からペパーミント・コリアンダー・ラベンダー・ユーカリ
です。
 
元々、ここにはコリアンダー・ペパーミント・ラベンダー・レモングラス・パセリ
を植えていましたが、欲張って植え過ぎ&ペパーミントが強すぎたようなので、勢いの強いペパーミント・ほとんど枯れかけのラベンダーだけを残し、開いた所にユーカリを植えたのです。
 
ところが、ペパーミントの間にパセリ?コリアンダー?何だかわからない植物が出てきました。
 
その植物は根?はミニキャロットみたいになっています。
なんなんだ!?(^^ゞ
 
で、ラベンダーってまた時期が来ると復活するのかわかりませんが、ほぼ枯れているのに、なんとなくまだ残しています。調べないと。。。
 
レモングラスも一時はペパーミント同様に勢いがありましたが、季節のせいか何かわかりませんが、枯れ枯れになったので、地植え?に替えてみました。
 
 
 
 
 
わかりづらいですが、赤丸の部分にレモングラスがあります。
 
また復活してくれたらいいのですが、これも調べないと。。。です。
 
 
 
 
 
 
お気に入りのローズマリーとビオラ。
 
実は、もぅ1種類小花を植えていましたが、枯れてしまいました。
 
ビオラって強いですね!
 
こんな寒い時期に大丈夫??という見掛けによらず、植えて以来ず~~~っと咲き続けてくれているんです!
 
じゃんじゃんツボミが出て、どんどん咲くのですね!スゴい!!
 
これからは冬の定番にしよう!と思います♪
 
 
ローズマリー・ユーカリ・レモングラス(枯れる前の)は乾燥させて、お茶パック(やかんでお茶をわかす時に便利な袋)に入れて、車内に置いています♪
 
 
そうそう!
 
ニンニクが好きなのですが、気付くと根が出てきていたので、植えてみました。
 
 
 
 
 
急遽思いつき、庭の土を使ったので、固まってます。
 
それでもニョキっと出てきましたよ!
 
 
ていうか、これで育つのかどうかも知らないのですが、調べてから植えろよ!って感じですね。
(^^ゞ
 
 

似たようなチョイス

 
 
 
「新版のんではいけない薬」浜六郎
 
先日買った本(記事に載せました)とニュアンスが似ていますよね。
 
この本は父が買った本なのです。
 
やはりDNAでしょうか(^^ゞ
 
現在、例の私の買った本と交換中です。
 
 
さてさて、わけぎの季節ですかね。
 
わきげちゃいますよ(^^ゞ
 
 
わけぎ、かなり好きなんです。
 
 
 
 
 
実家のご近所さんから頂きました♪
 
 
ぬたあえが一般的ですが、去年、ごま油・コチュジャンなどであえると、すっごいタイプな味だったので、ぬたあえにはしません。
 
今回は。。。
 
 
 
 
 
こんなの(サムジャン)を見つけたので、これを使ってあえました。
 
美味しかったです♪
 
 
マヨネーズとサムジャンを混ぜ合わせたモノに、きゅうりスティックをつけて食べるの美味しいですよ♪
 

年齢と体重

 
3月9日は誕生日でした。
前半はイイ感じでしたが、後半が残念な1日でした。
 
 
ところで、年齢詐称と年齢をサバよみする事との違いは何なのでしょうか。
 
言葉のイメージでは「詐称」となると悪いイメージで「サバよみ」は笑って許せる気がします。
行為そのものは同じと思うのですがね。
 
 
年齢をきかれた時「何歳に見えますか~?」や、のらりくらりとかわしたり、偽ったり、というのは女性に多いと思いますが、なかには「歳をきくなんて失礼ですよ!」と半ばキレる方もいるようです。
 
私は、その類の思考ではないので、昔から即答してきましたが、あまりの即答と老けていた事からサバをよんでいると勘違いされる事が多々ありました(笑)
 
今も考え方に変わりはありませんが、四十路に突入してからというもの、自分が何歳なのか真剣にわからなくなります。
とっさに聞かれると「え~っと、よんじゅう。。3?4? あれ? 2やったっけ??」てな具合です。
 
ですから、無意識のうちに「逆サバよみ」していた事も何度もあります(笑)
 
歳なんてどうでもイイというか、無頓着な感じが、年々アップグレードされているようです。
 
 
ところで、皆様はネット上で年齢を公開していらっしゃいますか?
 
私はブログを初めた当初は秘密にしていました。
なぜなら、老若男女垣根なくアクセスできるところが魅力のネットです。年齢や肩書きに関係なく自由なやりとりをするには、妨げになると思ったのです。
日本人って生真面目ですからね~(自分含め??)
 
なので、幼稚な文章のせいか、かなり若者に思われていました。
なぜか男性だと思われていた事も何度もありました(笑)
 
 
ところがブログを続けていると、いわゆる「オフ会」という趣味を介して実際に会う機会もあり、そうなってくるとネット上だけの時とは違ってくるんですよね。
なので、公開というか四十路に突入した際にブログ記事上でバラしたのです。
今から5年前の事です。はいそうです! 45歳になりましたよ。
 
が、秘密の時もバラしてからも特に何も変わりませんでした(笑)
 
 
年齢はどうでもいいクセに、体重は即答できる自信がない(爆)
というか、最近は全然体重計にのってないので、今何キロなのかもわからないのです。
 
マックスの体重なら即答できますよ!
ですが、増加前の体重もセットで言いますよ、言わせてやって!
 
 
誕生日は母・叔母・姉とで中華ランチをいただきました♪
夫とは次の日(昨日)カレーランチを食べました♪
 
欲張ってランチの中で一番ボリューム大のを頼みましたが、やっぱり完食できませんでした(^^ゞ
 
 
 
 
相変わらずデカいナン!
 
これプラス、タンドリーチキン&エビ。そして飲み物も最初と最後の2回もついています!!
 

『久々に買った本』

 
本屋へはチラチラ覗きに行くも、購買欲の高まる本には出会ってなかった。
 
冬の間にハウツー本(編み物)は2~3冊買ったが、普通に読む本?は、なかなかの久しぶり。
 
 
まず、目にとまったのが。。。
 
 
 
 
 
鮮やかな このボックス。
 
「KNEIPP BOOK」
ドイツのクナイプのトライアル13点キット
 宝島社1400円
 
最近、やれバッグだのダイエットスリッパだのシリコン調理器具だの何だのかんだのな本?が多い。
「それって、もはや本じゃなくね?」的な。
 
昔は、本の付録というかオマケ程度だったのに、今は本そっちのけ。
けど、実際 売れているらしい。
 
小冊子であれ、好きなブランドの詳細が書いてあったり、非売品が入っていれば欲しくなるだろうし、それが数万円ではなく数千円とか千いくらかという価格なら買うであろう。
 
 
クナイプのバスソルトはよく購入する。
このキットを買って、クナイプは入浴剤だけではない事を知ったし、ドイツのクナイプ本社では広い敷地内にハーブを育て研究している事も知った。
ハンドクリームとボディオイルは使ってみたいと感じた。
オンラインショップもあるので手に入る。
 
が、やはり日本未発売品も多そう。。。
 
 
 
 
 
 
 
 
さて、もう1冊は。。。
 
 
タイトルにインパクトのあるこの本。
 
 
 
 
 
 
ね?
 
病院ギライな私は、タイトルを見て「ハッ」としたと同時に手に取っていた。
 
「いや、病院なんて好きな人はいないでしょ」と言うが、私からすれば好きに等しく思える人が多い。
 
少しの体調不良で病院へ駆け込んだり、すぐに市販薬を服用する。
実際に私の身内にも数名いるのだ。
 
私は持病があるので薬を服用しているが、必要最低限にとどめ、それ以外の薬(市販薬)は家に常備していない。
 
それが正しい事なのか正しくないのかは謎だが、私は正しいと信じている。
 
もちろん、医者や薬を全否定するつもりはない。
ケースバイケースであるし、柔軟に考えたいとは思うが、基本は病院も薬もキライで出来る限りさけたいと思っている。
 
話が反れてしまったが、とにかくこの本は極端で極論的でもあると思ったが、シンプルでもある。
賛否両論あるだろうし、医者や製薬会社からのバッシングもあったであろう。
 
しかし著者自体、医者でありながらこのような事を唱えるところが、ハートの強い人・信念を貫く人と感じた。
そのように感じたのは私が病院ギライであるからであり、なかには嫌悪感を感じる人もいるだろう。
 
世の中にはあらゆる情報が錯乱している。間逆な事を互いに正しいと言い張るので、何を信じれば良いのかわからなくなる。
 
何を信じるかは自由であるべきであり、人の選択が自分と違ったからと、攻めたてたり対立的な態度をとるのはどうかと思う。
 
こういうと、すぐさま「法に反するような事でもか?」と子供じみた事を言う人がいるが、相手にすると余計にダダをこねる。
 
 
緑が好きな人もいれば、赤が好きな人もいる。それだけのこと。
 
あぁ、また反れている。。。
 
 
とにかく、この本は私への援護射撃的な本だと感じた。
 
 

~ちょっとメモ~
 
 
代替療法
 
アンドリューワイル博士
 
アメリカの癌治療
 
自発的治癒
 
中村仁一
 
長尾和宏
 
禁煙で人生を変えよう
 
(後日ネットで調べる為のメモ)
(^^ )